Bone(骨くぼみ)型

小鼻のまわりの骨のくぼみがほうれい線の原因となっているタイプ。

小鼻のまわりの鼻の土台となる骨のでっぱりが少ないことが、
ほうれい線の主な原因となっているタイプ。
アジア人に多いタイプと言われています。
多くの場合、加齢に伴った骨吸収の促進による骨の萎縮などが加わり、
ほうれい線が目立つようになります。

チェック項目

対処法

このタイプはもともとの骨格によるものですが、骨の萎縮が加わると目立ってきますので、骨の衰えを予防するために、カルシウムなどのミネラルを多く摂取するようにしましょう。
医療機関では、ヒアルロン酸注入療法などが多く用いられます。
→詳しくは医療機関でできるしわの治療ページへ

タイプ分け・対処法は、あくまで目安です。正しい診断は医師が行いますので、医師にご相談ください。

医療機関を検索して
医師にご相談する

他のタイプを見る

監修:石川 浩一 先生
(クロスクリニック銀座 院長)