このサイトはレスチレン®シリーズ
(高度管理医療機器)
の医療従事者向けサイトです。

治療の流れ

初回カウンセリング

患者様が治療を希望する理由と部位を確認します。
症状に対する適切な治療法について説明します。
簡単に治療歴を確認します。特に、組織増大治療、レーザー、ピーリング治療については注意して聞き取りを行います。

レスチレン®に関する説明

レスチレン®は非動物由来安定化ヒアルロン酸ゲルによって作られており、体内のヒアルロン酸と類似していることを説明します。
治療時間は約30分であることを伝え、治療後は赤みや腫れが発現することがあり、最終的な結果がわかるまで数日かかる可能性があることを説明します。
治療のリスク、利点、予期される副作用について説明し、同意を得ます。

患者様の期待に応える

治療前後の写真を記録します。
最良の効果を得るために、2~4週間以内にタッチアップ(追加注入)が必要になる場合があることを説明します。
他の美容医療と同様、継続治療プランを提案します。継続治療の時期は、治療部位、患者様の内因的および外因的要因、患者様が期待する治療完成度によって異なります。

疼痛管理

疼痛管理の必要性を確認します。局所麻酔の注射やクリームの塗布、冷湿布または神経ブロック療法などの様々な選択肢を提示し、各選択肢についてリスクと利点を説明し、同意を得ます。

リドカイン

レスチレン® リド、レスチレン® リフトTM リドには麻酔剤のリドカインが含有されています。リドカイン含有と非含有のNASHATM製品を比較した臨床研究では、90%の患者様が、注入時においてリドカイン含有製品による治療の方を好まれました1)

1) Heden P et al. Dermatol Surg 2010; 36(Suppl 1): 775-781.

レスチレン®による治療

治療部位の化粧を落とし、適切な消毒液で十分に消毒します。感染を防ぐために無菌的操作を行います。
シリンジのラベルを取り、カルテ等の記録用紙に貼付してください。こうすることで、何らかの有害事象や問題が起きた場合に確実に追跡することが可能となります。
注入テクニックは様々な方法から選択することができます。どのテクニックを使用するかは、症状に対する治療法、各患者様のニーズ、治療を行う医師の好みなどいくつかの要因によって決まります。
使用できるテクニックの詳細は、レスチレン®製品ガイドに記載されています。

併用治療

ボツリヌス療法、レーザーまたはケミカルピーリングなどの併用治療については、最適なレスチレン®治療を妨げないような治療プランを作成する必要があります。

治療後

患者様に治療後のアドバイスを行います。
治療後に質問や懸念が生じた場合の連絡先として、ご施設の情報を患者様に提供してください。