このサイトはレスチレン®シリーズ
(高度管理医療機器)
の医療従事者向けサイトです。

TrueLift® メソッド/メソッドのご紹介

レスチレン® リフトTM リド プレーンリフト

少量のポイント注入による自然な仕上がり

顔の真性靭帯(しんせいじんたい:True Ligament)は、杭のように皮膚を骨につなぎとめる役割を果たします。老化に伴って顔の靭帯が衰えて垂れ下がると、顔の皮膚や脂肪も下垂し、しわやたるみなどの原因となります。

『TrueLift®』は、ガルデルマのヒアルロン酸「レスチレン® リフトTM リド」を、顔の真性靭帯のポイントに注入することにより、少量のヒアルロン酸で顔全体の症状を改善するメソッドです。

TrueLift® 注入ポイント

TrueLift®に向いている方

  • 年齢30代~40代(個人差があります)
  • 以前よりも肌のハリがなくなってきた。
  • ほうれい線が気になるようになってきた。
  • 顔の脂肪が比較的少ない。
  • TL1~4:顔の真性靭帯(偽性靭帯)

注入ポイント TL1 眼窩靭帯 Orbital Ligament

注入量の目安0.1mL/片側

触診で眼窩上縁の外側から1cm程度上にある凹みを確認してマークします。

皮膚を上に引き上げて、靭帯の下に入るように深く刺入し、ボーラスで0.1mL注入します。

注入後はゆっくりと皮膚から手を放し、注入した部位を下から上に持ち上げるようにして、靭帯の下に「レスチレン® リフトTM リド」が入るように軽く成形します。

注入ポイント TL2-1, 2 頬部靭帯 Zygomatic Ligament

注入量の目安各ポイント: 0.2mL/片側

耳珠上部から眼窩下縁に向けて下図のようにライン(………)を引いたときに、耳珠からラインに沿って4cm程度内側、そこから1cm程度下の位置が頬部靭帯の側縁になります。側縁よりも少し内側にある凹みを触診で確認し、2箇所マークします(頬部靭帯は広く力が強いため、TL2-1,2の2箇所に注入します)。

皮膚を上に引き上げて、靭帯の下に入るよう深く刺入し、2つのポイントに各々0.2mL注入します。

注入後は注入した部位を下から上に持ち上げるようにして、靭帯の下に「レスチレン® リフトTM リド」が入るように軽く成形します。

注入ポイント TL3 上顎靭帯 Maxillary Ligament

注入量の目安0.4mL/片側

触診でほうれい線の根本にある最も深い溝を確認してマークします。

ほうれい線の最も深い溝に、皮膚表面に対して45度の角度でゆっくり深く針を刺入します。

皮下の深い層に0.4mLをボーラスでゆっくり注入します。

注入ポイント TL4 下顎靭帯 Mandibular Ligament

注入量の目安0.1mL/片側

触診でマリオネットライン(………)と下顎(………)の交差ポイントにある凹みを確認してマークします。

針を深く刺入し、ボーラスで0.1mL注入します。

『TrueLift®』では、ガルデルマのヒアルロン酸使用軟組織注入材「レスチレン® リフトTM リド」を使用します。「レスチレン® リフトTM リド」は均一なサイズの粒子をもつヒアルロン酸で、「レスチレン® リド」よりも粒子サイズが大きく、しっかりとしたリフティング効果を発揮します。