このサイトはレスチレン®シリーズ
(高度管理医療機器)
の医療従事者向けサイトです。

治療について / Q&A

治療はどのように行われますか?
少量のレスチレン®ゲルを極細の針で皮膚内部に注入します。ゲルが皺の下でボリュームを作り出すことで皮膚が持ち上がり、皺が伸展されます。
治療にかかる時間はどれくらいですか?
レスチレン®による治療は簡単で、すぐに完了します。治療前の検査は必要ありませんので、すぐに施術を行うことができます。治療は通常30分で終わりますが、どのような矯正および整容を期待するかによって、若干前後します。
治療には痛みがありますか?
レスチレン® リドおよびレスチレン® リフトTM リドは痛みを緩和する目的で0.3%リドカインを含有しています。
必要に応じて、治療部位への局所麻酔の注射やクリームの塗布、冷湿布または神経ブロック療法などを施術前に行うこともできます。
レスチレン®は注入後に膨張しますか?
わずかですが、注入後に腫れが生じることがあります。
過矯正の必要性はありますか?
いいえ、必要ありません。
治療後の顔はどのような状態になりますか?
治療直後は治療部位にわずかな赤み、腫れ、圧痛、疼痛、内出血または痒みが生じることがあります。これは注入後に通常起こりうる反応です。不快感が続く場合は医師に連絡するよう指示してください。
レスチレン®治療後、患者様はどのようなことに注意しなければなりませんか?
医師が指示しない限り、治療後48時間は治療部位をマッサージしたりこすったりしないよう患者様に注意を促します。
治療後の赤みや腫れがおさまるまで、治療部位を高熱(日焼けマシーンや日光浴など)や過度の寒さにさらさないようにします。
レスチレン®を除去することはできますか?
はい。除去できますが、レスチレン®は徐々に生分解されます。希望する仕上がりが不明確な場合は、回数を分けて段階を追って施術することも可能です。レスチレン®を分解する方法として、ヒアルロニダーゼを使用する方法があります。また、触知可能なレスチレン®の塊を空のシリンジで吸引することもできます。表面に非常に近い場合は、皮膚を小さく切開して圧力をかけることで吸引または除去することもできます。
レスチレン®は外科手術の代わりに使用できますか?
症例によっては、レスチレン®を外科手術と併用し、外科手術で取り除くことのできない皺を埋める目的で使用することができます。
レスチレン®による治療の効果はどれくらい持続しますか?
レスチレン®による治療の効果の持続期間は個人によって異なるうえ、皮膚の構造、生活習慣、年齢、期待する治療の完成度、医師の注入技術などの多くの要因によっても異なります。これまでの臨床経験から、追加注入や再注入を行うことで効果の持続性が高まることがわかっています。治療を受けたほとんどの患者様が、皺の場合は治療後1年以内に、再度治療を受ける選択をしています。
どのサイズの針を使うべきですか?
レスチレン®製品には適切なサイズの針が同梱されています。各針のサイズは、容易に注入できるよう、ゲルの特性に適合しています。サイズが小さすぎるとゲルの流れを妨げる可能性があります。