ヒアルロン酸注入療法とは

ヒアルロン酸は、もともと人の体内に存在する自然の成分(多糖類)で、
水と結合し、肌の潤いを保つ働きがあります。

ヒアルロン酸注入療法では、安定化させたヒアルロン酸のゲル(ヒアルロン酸ダーマルフィラー)を、
皮膚または皮膚の下の組織に直接注入することにより、皮膚を持ち上げ、しわやたるみを矯正します。
多くの製品では、非動物性のヒアルロン酸を使用しています。
効果は治療後すぐに現れます。
治療効果はヒアルロン酸の製品の種類や個人差、注入技術によって異なりますが、
通常は数ヵ月~24ヵ月間持続します。

皮膚たるみ型のほうれい線の場合は、頬にヒアルロン酸を注入すると皮膚が引き上げられ、若々しく見えると同時にほうれい線も改善します。ほうれい線に直接ヒアルロン酸を注入することもあります。

骨くぼみ型のほうれい線の場合は、小鼻のまわりの鼻の土台を作っている部分にヒアルロン酸を注入することにより、ほうれい線が目立たなくなります。

筋肉型は、ヒアルロン酸注入療法で浅い線は改善できますが、深く長い線を改善することは難しい場合もあります。皮膚の浅いところに注入することで、ある程度の効果はありますが、他の治療との併用を行うこともあります。

医療機関を検索して
医師にご相談する

他の治療を見る

監修:石川 浩一 先生
(クロスクリニック銀座 院長)